AGAで毛乳頭失われた時は特効薬より植毛

薄毛を発症する原因としては様々な可能性が挙げられますが、中でもAGAという病気をきっかけに抜け毛がはじまり、次第にその領域が拡大していく症状に見舞われると、内科や外科、皮膚科、美容クリニック、薄毛治療専門クリニックなどを受診しての診察や治療が必要となります。そもそもAGAとは、精巣で作り出されるテストステロンという男性ホルモンが頭皮付近にある5αリダクターゼという酵素と反応しDHTという特殊な物質を作り出すことによって引き起こされます。頭髪の根本にある毛乳頭がこのDHTを感知すると、途端にその頭髪の成長サイクルが乱れ、毛細血管を流れる血流から栄養分を補給するのをやめ、そのまま栄養不足になって抜け落ちていくことになるのです。

こういったAGAの治療法としては特効薬を飲むというものが一般的です。特に医師はフィナステリドという成分を配合したプロペシアを始めとする錠剤を処方しますので、これらを一日一錠飲むことで5αリダクターゼの働きを抑制しDHTの発生を抑え、頭髪のヘアサイクルも次第に正常化していくのです。

ただし、AGAを発症してかなりの年月が経つと毛乳頭や毛母細胞も消滅してしまい、どれだけ特効薬を飲む努力を続けても一向に効果が上がらないこともあります。そんな時には専門の医療機関で植毛を行うのも効果的です。たとえば人工毛を使った植毛は最近では極めてその繊維の質も高く、頭髪とほとんど見分けがつかないものに仕上がっています。さらに自毛を植毛するよりもずっと治療費もリーズナブルなのも魅力的です。

こういった人工毛を薄毛部分に植え込んでいくことによって、失われた頭髪を復活させることができるのです。ただし、これら人工毛は1年から2年ほどで抜け落ちてしまいますので、それくらいの頻度で人工毛を植え替えていくことが必要です。