思春期以降の女性用のAGA対策

近年では、思春期以降の女性でも脱毛の悩みを持つ方が増えています。
女性でも男性と同様に仕事を持つ方が増え、仕事をしながら家事や育児などをするため、男性よりもストレスを感じている場合があります。また、男女共通の原因である紫外線等の影響も見過ごせません。
さらに、カラーリングやパーマなどの施術を繰り返すことにより、髪にダメージを与える機会も増えています。現在、日本では、薄毛・抜け毛に悩む女性は1000万人近くいると言われています。つまり10人に1人が毛髪に悩みを抱えているといえるわけです。

男性の脱毛症AGA(男性型脱毛症、=いわゆる「ハゲ」)という言葉はある程度定着しましたが、女性の薄毛・抜け毛の悩みはあまり話題になりませんし、恥ずかしさもあって、なかなか専門のクリニックでの相談や治療に行くのは難しいのが現状でしょう。また、手軽に使える薬も男性向けのAGA対策のものはたくさんありますが、女性用のものはあまりありません。その結果、「最近、髪のハリやコシがなくなってきたなぁ」とか「急に抜け毛の量が増えた」「以前より、分け目が目立ってきた」などと思い悩んでいる女性はたくさんいます。女性でも、思春期以降はAGA(男性型脱毛症)になる可能性が誰にでもあります。もちろん遺伝による体質にもよりますが、ストレスフルな現代社会では、かなりの女性にその可能性があると言っても過言ではないでしょう。
男性は「育たない」脱毛、思春期以降の女性は「生えない」脱毛と言われます。男性用と女性用では、脱毛の原因が同じでもその対策は異なります。本気で抜け毛、薄毛が気になったら、思い切って専門のクリニックで女性用の治療を受けることをお勧めします。