遺伝によるAGAの可能性や影響について

男性にとって若くして薄毛に見舞われるのは精神的にもとても辛いものです。これらの薄毛をもたらす大きな要素として存在するのが男性型脱毛症、すなわちAGAという病気です。早い人だと20代前半で症状が出始めるというこの病気は、精巣にて作り出されるテストステロンという男性ホルモンが身体を循環する中で頭皮にある5αリダクターゼという酵素と反応し、DHTという物質を生み出します。このDHTを毛乳頭が感知すると、すぐさま頭髪の成長サイクルが異常をきたし、たとえ健康的な状態であったとしても既に成長を終えて抜け落ちるのみと判断してしまいます。これによって毛細血管から栄養分を補給するのをやめて、栄養不足の状態を自ら作り出していくのです。

こういったAGAを引き起こす原因には様々な要素があると言われていますが、これまでのところはっきりとしているのが遺伝による発症の可能性についてです。よく親や親族がハゲていると子もハゲると言われますが、これはそのことを現れと言えるでしょう。遺伝子にはXとYという種類がありますが、まず男性の場合にはこの遺伝子がXYとなり、女性の場合にはXXとなります。男女が出逢って子供が生まれる際、父母が持つXとXが結合すると女の子が生まれ、父のYと母のXが結合するとXYとなって男の子が生まれます。

このとき、注目したいのが代々にわたって受け継がれるこのXという遺伝子情報に含まれる成分にDHTに反応する機能が搭載されている場合が多く、この条件が一致するとAGAを発症してしまうのです。この例でいうとAGAは隔世遺伝で母方の祖父の遺伝子が影響することが多く、もしもその祖父がハゲていると孫もハゲる可能性が高まります。

ちなみに前述の通りAGAは男性ホルモンが関わってDHTを生み出しますので男性に発症する率が高く、一方、母親が発症しないのは女性であるがゆえにDHTを生み出さないからなのです。
■信頼できる通販サイトで購入しましょう
フィンペシアの偽物に注意